『Cadeaux de France 〜 カドー・ド・フランス〜フランスのとっておきをお取り寄せ』第3回ラ・トレゾルリからの贈り物Cadeaux de La Trésorerie

La Trésorerie ©Mollyseyes

↑「カドー・ド・フランスとは?」
photo par ” La Trésorerie ©Mollyseyes”
photo par ” La Trésorerie ©Mollyseyes”



『ラ・トレゾルリ』をご存知ですか?

2014年、レピュブリック広場のそばにオープンした、生活雑貨のセレクトショップです。
https://www.latresorerie.fr/

SHOPの様子はこちら↓
https://photos.app.goo.gl/geAVwprbL9xYFGuw5

フランスの田舎町を歩いていると、こまごました商品を所狭しと陳列した、金物屋さんや雑貨屋さんを見かけます。こういう店に一歩足を踏み入れた経験のある方は、きっと、そこにある生活用品のかわいらしさに圧倒されたたはず。

かく言う私も、生まれて初めてパリ一人旅をした時のこと。ムフタール通りの金物屋に入って見つけたバターナイフに文字通り心奪われ、自分のために1つ購入した思い出があります。あの時、1つのバターナイフを買うために、何時間そこにいたことか!

「これが自分の毎日の暮らしの中にあったら、どんなにいいだろう」と、見ているだけで想像が勝手に膨らんでしまう、そんな魅力がフランスの伝統的な生活雑貨にはありますね。

華やかでなないのに、心惹かれるデザインや素材感。まさに用の美です。

それを集めたのが、『ラ・トレゾルリ』です。

photo par ” La Trésorerie ©Julie Ansiau”

田舎の金物屋さんとの違いは、3人のオーナーの審美眼。

美大でアートを学んだエルザさん(写真左)は、『ラ・トレゾルリ』立ち上げまではファッションブランドやスワロフスキーといった有名メゾンで活躍していました。トレンドアナリストとして、ロンドンやNY、アントワープを行き来する、モード業界の人!だったのです。

ドゥニさん(写真右)もモード業界出身で、アニエス・ベーの営業責任者を務めた後、エルメスの営業責任者に。当時からアルチザン(職人)の技術と彼らが生み出す商品に強い関心を持っていたドゥニさんは、同じ価値観を共にするエルザさんと、もう1人の共同経営者リノさん(写真中央)と一緒に『ラ・トレゾルリ』を創業したのでした。

ドイツやデンマークで幼少期を送ったリノさんは、機能的なデザインの生活用品に囲まれて成長したそうです。大学で文学と映画を学び、その後エルザさん、ドゥニさんと出会って・・・

三人三様の人生が一つになった『ラ・トレゾルリ』は、それぞれが獲得したノウハウと審美眼の集大成、と言えるかもしれません。それだけに、店頭に並ぶ商品の1つ1つは、厳選されたストーリーのあるものたちなのです。

ステイホームが続いています。

魅力的な生活雑貨がいーーーーーーーぱいの『ラ・トレゾルリ』から届く品々は、毎日の暮らしにときめきを差し込んでくれるかもしれません。

蒸し暑い日本の夏を、爽やかに快適に、気分をあげてくれそうなグッズもあります。

そんな品々をピックアップしてみました。

今回も、パリの『ラ・トレゾルリ』ショップから直接、みなさまのご自宅に小包が届きます。

お取り寄せを楽しんでいただければ幸いです。
今回は、送料を含めた金額ではなく、送料は一律5700円にして頂きました♬
アイテムをたくさん購入しても送料5700円となります。

そして今回も商品がお手元に届いた後、zoomでみなさまにパリの様子をお届けするのですが、今回は単なる見学ではありません!

『ラ・トレゾルリ』のエルザさんによる、「パリ流テーブルコーディネート講座」をお届けいたします!

みなさまが購入されたキッチンツールの使い方や、カトラリーのアレンジ例などを、エルザさんが直々に伝授します。これまでのキャリアを通し、美と実益を追求し続けてきたエルザさんの講座。どうぞお楽しみに!

  • インスタライブ:
    6月7日(月)21時〜

  • 『ラ・トレゾルリ』のショップから、インスタライブ! 
    今回厳選した商品をご紹介します。

    恵子先生のアカウントからインスタライブし、その後La Source KOBEにもシェアいたします。
    @keikosuminoleb
    https://www.instagram.com/keikosuminoleb/?hl=ja
  • インスタライブ:
    6月17日 (木)
    21時〜

  • 恵子先生のインスタライブ!
    恵子先生のアカウントからインスタライブし、その後La Source KOBEにもシェアいたします。

    @keikosuminoleb
    https://www.instagram.com/keikosuminoleb/?hl=ja
  •  

  • 商品購入受付終了:7月5日(月)

  • 商品到着7月15日頃、皆さまのご自宅に商品が届きます
  • Zoomショップ訪問講座:7月19日(月)21時〜22時
    『ラ・トレゾルリ』のエルザさんによる、「パリ流テーブルコーディネート講座」

  • ご購入いただきました皆様は無条件でご覧いただけます。

  • また、Zoomショップ訪問講座のみのお申し込みも可能です。
    以下からご応募下さいませ。

*商品の到着は、コロナ禍の影響や社会状況、配送会社の対応により、前後する可能性があります。
*ご注文の金額や内容によっては、別途関税が課されることがあります。
(大体3万円の購入の場合2千円位)
関税の有無及び金額は、商品が日本に到着した時点で明らかになるため、メーカーには調べることができません。
関税が発生した場合は、お客様のご負担になります。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

*7月16日(金)になっても商品が未着の場合は、ラ・ソース神戸までメールにてご連絡くださいませ。メーカーに問い合わせをいたします。
info@la-source46.com

*キャンセルは7/4まで受付致します。
5日以降のキャンセルは受付出来ません。
ご了承くださいませ。

■商品お申し込み期限:7/5午前中まで(銀行振込の方)
■商品お支払期限:7/5 15時まで(銀行振込の方)
☆カード決済をご利用の方はお申し込み7/5 23時59分
まで

■ZOOM講座お申し込み期限:7/16まで(銀行振込の方)
■ZOOM講座お支払期限:7/19  昼12時まで(銀行振込の方)
☆カード決済をご利用の方はお申し込み7/19 昼12時まで


Coffret 1
La Trésorerie x Cadeaux de France
キッチンクロス3枚セット「basique ベーシック」(紺、青ライン、赤ライン)
フランス産 シャルヴェ社製

綿59% 麻41%
フランス産 シャルヴェ社製
50x75cm

パリのカフェでエスプレッソを飲みながら、ふとカウンターの向こうに目をやると、丈夫そうなキッチンクロスが引き出しの取っ手に掛けてある。サービスのおじさんたちのポケットにも、同じキッチンクロスが。

なんだか使いやすそう。それにシンプルで、おしゃれ!

そんなふうに思った経験はありませんか?

その時に見たキッチンクロスは、プロ御用達「シャルヴェ」のものだったはずです。

50x75cmと大振りで、素材は綿59%、麻41%。

麻と聞くと、デリケートで扱いが面倒なイメージがありますが、実はそれも麻の種類や品質次第なのだそうです。「シャルヴェ」のキッチンクロスは手に馴染んで使いやすく、丈夫で長持ち。長年業務用として愛用されているクオリティを、日常に取り入れてみてください。

パリらしいトリコロール色を選びました。

「シャルヴェ」は創業1世紀以上になる老舗。産業に欠かせない丈夫なカンバス生地や、船の帆、プロ用キッチンクロスなどを生産する、フランスで最も有名な会社です。


Coffret 2
La Trésorerie x Cadeaux de France
キッチンクロス3枚セット「CHICシック」
フランス産 シャルヴェ社製

綿59% 麻41%
フランス産 シャルヴェ社製
50x75cm

カラーバリエーション豊富な「シャルヴェ」のキッチンクロスの中から、シックな色合いのものを3枚選びました。

スカイブルーと黒は、「シャルヴェ」と『ラ・トレゾルリ』のコラボ商品で、ここにしかないオリジナルです。「シャルヴェ」を集めている皆さま、ぜひチェックを!


Coffret 3
La Trésorerie x Cadeaux de France
キッチンクロス3枚セット「FRANCE フランス」
フランス産 シャルヴェ社製

麻100%
フランス産 シャルヴェ社製
50x75cm

「シャルヴェ」のキッチンクロスから、麻100%のものを3枚ピックアップしました。

「メイドイン・フランス」と「パリ」、そして「国旗」の組み合わせです。

「メイドイン・フランス」と「パリ」はウオッシュドリネンなので、最初から手触り抜群。

なんと麻は、天然素材の中でも最も吸湿性に優れていているのだそう。綿の4倍と言われています。また、使い続けても繊維が毛羽立たないので、クリスタルのグラスを拭くときには必ず麻のキッチンクロスを使うのが、フランスのレストランの常識です。グラスがピカピカになりますよ!


Coffret 4
La Trésorerie x Cadeaux de France
「Petit-déjeuner 朝食」セット
カッティングボード エッグスタンド ソルト & ペッパー

インドのマンゴー果樹園では、マンゴーの木が古くなって果物が実らなくなると、伐採して新しい苗を植え替えるのだそうです。このカッティングボードは、伐採によって廃材となった古いマンゴーの木をリサイクルして作ったもの。もちろんフェアトレードの認証付きです。

これに、ビストロの定番ソルト&ペッパー入れと、ガラス製のエッグスタンドを2個プラスした、朝食セットのコフレです!

にわとり型のエッグスタンドは、50年代のフランスの田舎を象徴するデザイン。これでウフ・ア・ラ・コック(殻付き卵)を食べれば、気持ちはフランスにひとっ飛び!

ウフ・ア・ラ・コックを作るのはとても簡単。

お湯が沸騰してから3分間ゆでた卵を、エッグスタンドに置きます。スプーンの背で卵のてっぺんをコツコツたたいて、殻にヒビを入れ、指先で取り除きます。1/3ほど殻を取ったら、白身の頭をナイフでカット。顔を出したトロトロの黄身に塩をふりかけ、ナイフの先を刺す要領でかき混ぜます。これでオッケー!

細く棒状に切ったトーストで、とろとろの黄身をすくって食べてください。最高の朝ごはんを召し上がれ。


Coffret 5
La Trésorerie x Cadeaux de France
「Plateau de fromage チーズプレート」セット
カッティングボード バターナイフ2 チーズナイフ

チーズ(朝食)用カッティングボード
白樺
スウェーデン産 イリス・ハントヴェルク社製
20x13cm

こちらも朝食にぴったりのカッティングボード。穴の部分に茹で卵を置けば、エッグスタンドなります。まな板部分にトーストを乗せれば、これ1枚でお皿とエッグスタンドが兼用できます!

カッティングボードは、スウェーデンのメーカー「イリス・ハントヴェルク」のもの。北欧では20世紀初頭まで、ブラシ製造などの製造工場で目の不自由な人たちを雇用する伝統があったそう。「イリス・ハントヴェルク」の工房は、今も盲の人や弱視の人だけを雇用しています。手作りにプラスアルファのストーリー、素晴らしいですね。

刃が丸くカーブしたナイフは、バターナイフです。

フランスの伝統的なデザインで、どの角度で使ってもパンにバターが塗りやすい特徴があります。この「オピネル」のもバターナイフは、一般的なものに比べて刃がやや鋭利に仕上げてあり、バターをカットしやすいメリットも。「オピネル」はフランスの伝統的なナイフメーカーで、知らない人はいません。日本にもファンが多いようです。

ギザギザの長い歯があるのは、「アンドレ・ヴェルディエ」のチーズナイフです。

硬いチーズも切りやすく、切ったチーズを刃先のフォークにさしてサーヴできる便利な一品。1859年創業の「アンドレ・ヴェルディエ」は、現在も100%フランス産。手作りでナイフを生産しています。

このカッティングボードにチーズをいくつか並べて、丸い穴にはバターを載せた小皿を置き、バターナイフとチーズナイフを添えれば、ちょっとしたおもてなしの演出にもなりますね。

カーブした刃のナイフは、日本では見ない形ですが、とても便利な一品。

以前結婚していた頃、ルブランファミリーがみんなで使う田舎のセカンドハウスにこれがありました。古くなって使えなくなると、全く同じものを金物屋で見つけて買い足していたことを覚えています。

映画「天空の城ラピュタ」の中で、シータが料理をするシーン、ご存知でしょうか? ぐつぐつ煮え立つ大鍋の上で、片手にナイフを、もう片方にはニンニクを持って、鍋の上でちゃっちゃっちゃ、とスライスする。そんな使い方のできるナイフです。


Coffret 6
La Trésorerie x Cadeaux de France
「Couteaux de cuisine bois ナイフ ウッド」セット
波状の刃のナイフ 皮むきナイフ 小ナイフ

オーク、ステンレス
フランス産 アンドレ・ヴェルディエ社製
18cm

1859年創業の「アンドレ・ヴェルディエ」のナイフたちは、現在も100%フランス産の手作りです。

波状の刃のナイフ、皮むきナイフ、小ナイフの3種類から、「アンドレ・フェルディエ」と『ラ・トレゾルリ』がコラボで作った色を選びました。

波状のナイフは、トマトなど皮が薄くて硬い野菜の皮むきに最適です。田舎の家では、ステーキにもこれを使っていました。よく切れますよ!

皮むきナイフは、日本ではあまり見ませんが、フランス人にとってはこれが定番。ジャガイモ、ズッキーニ、りんごなどの皮むきに使います。

小ナイフはさまざまな用途に便利。カトラリーとして、テーブルでも使えます。柄に熱処理加工を施したオークを使用しているので、水につけっぱなしでも吸水性が低く、丈夫で長持ちします。


Coffret 7
La Trésorerie x Cadeaux de France
「Couteaux de cuisine pistache ナイフ/ピスタチオカラー」セット
波状の刃のナイフ 皮むきナイフ 小ナイフ

カラフルな色をキッチンに差し込みたい方は、こちらを! 「アンドレ・フェルディエ」と『ラ・トレゾルリ』がコラボで作った色シリーズの、波状の刃のナイフ、皮むきナイフ、小ナイフの3種類です。


Coffret 8
La Trésorerie x Cadeaux de France
「Couverts Bistrot カトラリーフランス/ビストロ」セット 4種類

ビストロフォーク 3本セット
ステンレス
フランス産
ビストロスープスプーン 3本セット
20cm
ビストロナイフ
22cm
ビストロコーヒースプーン 3本セット 
14cm

フランスの学生食堂や社員食堂、ビストロなどで見かける定番カトラリーは、気取っていないところが最高! 厚みがなく、見るからにカジュアルで、肩のこらない気心知れた友達のような雰囲気があります。つまり、毎日の普段使いにぴったり!

こういう普通のカトラリーこそ、あるようで見つからないものですよね。


Coffret 9
La Trésorerie x Cadeaux de France
「Couverts Bronze / カトラリーブロンズ」セット 5種類


photo par ” La Trésorerie”

ヘルドマー カトラリー 一式(ブロンズ)
ステンレス
ポルトガル産 ヘルドマー社製
コーヒースプーン 11,5cm
デザートスプーン 14cm
スープスプーン 21cm
フォーク 21cm
ナイフ 23cm

おしゃれなカトラリーも、もちろん必要ですし、欲しいです!

こちらのシリーズはゴールドではなく、シックなブロンズ色。これも、あるようでないタイプですね。

おもてなしのテーブルに華を添えてくれるのはもちろん、キンキラキンではないので、日常遣いをしても違和感がありません。


Coffret 10
La Trésorerie x Cadeaux de France
「Couverts Noir / カトラリーブラック」セット 5種類

photo par ” La Trésorerie”

ヘルドマー カトラリー 一式(ノワール)
ステンレス
ポルトガル産 ヘルドマー社製
コーヒースプーン 11,5cm
デザートスプーン 14cm
スープスプーン 21cm
フォーク 21cm
ナイフ 23cm

色違いの黒です。

これを使えば、テーブルが絵画的になること間違いなし! モダン、クラシック、どんな演出をしようかな?


Coffret 11, 12, 13

photo par ” La Trésorerie”

ラ・トレゾルリオリジナル
ウオッシュドリネンテーブルクロス 
テーブルナプキン 48×48 cm
麻 100%
リトアニア産 ラ・トレゾルリオリジナル
170x170cm / 170x250cm /

ウオッシュドリネンのテーブルクロスとテーブルナプキン、憧れます! 

でも、問題は値段。総じて高額で、買えるのはいつになることか・・・と思っていたら、『ラ・トレゾルリ』オリジナルに出会いました! ブランドものではないので、お値段がとても良心的なのです。

『ラ・トレゾルリ』は、麻織物の伝統とノウハウが根付くリトアニアの工房で、このオリジナルリネンを製造しています。ニュアンスのあるカラーバリエーションには、『ラ・トレゾルリ』のセンスがキラリと光っていますね!

製造過程で薬品を使用しない麻は、綿よりも環境に優しい天然素材なのだそう。使い込んでも柔らかさが続き、しかも丈夫で、使うほどに味わいが増すと言われます。もうこうなったら、これからはシーツもワンピースも、なんでも麻にしようかな?!

ウオッシュドリネンのテーブルクロスとナプキンは、アイロンをかけてもかけなくても素敵。その日の気分や好みで表情を使い分けてください。

今回は10種類ものカラーバリエーションの中から、3組のテーブルクロス&テーブルナプキンセットを作りました。

<コフレ11 角野恵子セレクション>

テーブルクロスを広げるだけで、インテリアのイメージがガラリとかわる、そんな元気色を選びました。シャルトルーズ色のテーブルクロスと、テーブルナプキンはシャルトルーズ色が1枚、レンガ色1枚、インペリアル色1枚、アビス色1枚。

テーブルナプキンの色をあえてバラバラにしたのは、テーブルの上が賑やかになるように。また、テーブルナプキンの色が違っていると、自分のものと他の人のものを間違えないというメリットもあります。(*フランスの家庭では、テーブルナプキンは毎日洗うものではないので、名前を書いたナプキンリングを使って目印にしていたそうです。)

もしテーブルに着くのが2人だったら、明るいイメージにしたい時にはシャルトルーズ+レンガのテーブルナプキンを、シックにしたい時はインペリアル+アビスを、選ぶのはどうでしょう。

ピクニックにも良さそうです。汚れも目立ちません!

<コフレ12 エルザさんコレクション>

肩の力を抜きながらもエレガントなエルザさん。そんな彼女らしい色合わせはチョーク色のテーブルクロス、テーブルナプキンはチョーク色、海藻色、インペリアル色、ハト色。

「一般的には、テーブルクロスの色とテーブルナプキンの色を1色に揃えるものですが、ベースになるテーブルクロスの色をひかえめにして、ナプキンの色をバラバラにしても。ラフで楽しげな雰囲気になります。」

と、エルザさん。

定番のルールに従わずとも、ご覧の通りの安定感あるセットになっているのはさすがです。

おしゃれで、しかも飽きのこないセレクションです。

<コフレ13 ラ・ソース神戸セレクション>

受講者のみなさんの好みを熟知し、抜群のセンスの講師陣との交流も深いラ・ソース神戸のセレクション。砂色のテーブルクロスとチョーク色のテーブルナプキン4枚の組み合わせは、日本のインテリアにすんなりなじみ、かつその印象を上品に引き上げてくれるでしょう。「程よくモードが入った清楚」ですね。

多分、一番インスタ映えするのはこのセレクションでは?!


Coffret 14, 15, 16

photo par ” La Trésorerie”

ラ・トレゾルリオリジナル
蜂巣織バスタオル
麻 100%
リトアニア産
130x75cm

ワッフルのように織った麻のバスタオル。これも、麻織物の伝統とノウハウが根付くリトアニアの工房で製造した、『ラ・トレゾルリ』のオリジナルです。

なんとこのバスタオル、日本のセレクトショップ《I’m OK》での取り扱いが始まるそうです!
パリのものとはまた違った色展開で日本上陸するそうなので、こちらもぜひチェックされますよう。

ネイビーを私も購入し、5年以上愛用中。軽くて、よく水分を吸収して、しかもすぐに乾くので、もう分厚い綿のバスタオルを買うことはないかも。かさばらないので、旅行にも便利ですよ!

photo par ” La Trésorerie”

ベルト・ギレム ヤギミルク保湿石鹸
ローズムスクとゼラニウム
フランス産 ベルト・ギレム社製
100g 9x4cm

ヤギミルクを使った「ベルト・ギレム」の保湿石鹸は、敏感肌を含む全ての肌タイプに対応しています。ローズムスクとゼラニウム、カリテバターとバーベナ、アルガンオイルとレモン、どれも自然な香りがたまりません。これぞアロマテラピーです。

ヤギミルクは、ヨーロッパで長年敏感肌のお手入れに長年活用されています。保湿効果抜群なのだそう。

ピレネー地方のスキンケアメーカー「ベルト・ギレム」は、このヤギミルクを使った製品を、1957年創業依頼家族経営で作り続けています。自分たちの農園で飼育したヤギの乳を絞り、ハーブ類の栽培も自分たちで行うというのですから、いつか農園を訪問したくなりますね。もちろん、100%オーガニックです!


カドー・ド・フランス』第3回
『ラ・トレゾルリ』から注文するとたくさんのメリットがあります!

メリット① お買い上げくださるお客様全員に、ラ・トレゾルリのショッピングバッグをプレゼント! 贈り物にご活用ください。

メリット② ドゥニさんの計らいで、送料が一律になりました。たくさん注文して重量が多くなった場合、超過分はラ・トレゾルリが負担してくれます! お友達と誘い合わせて注文されるとお得です。

メリット③ 商品到着後のズーム講座「エルザさんのパリ流テーブルコーディネート」で、購入したグッズの具体的な使い方や、応用を学べます! テーブルコーディネートも披露してくださいますので、パリならでは、エルザさんならではのセンスを、この機会にキャッチしてください。

メリット④ アフターケア
「フランスから発送される商品が、いい状態で無事に届くかしら?」と不安な方。もし万が一、届いた商品の状態に問題がありましたら、ラ・ソース神戸にメールでお問い合わせください。責任持ってラ・トレゾルリ担当者に報告します。ラ・トレゾルリ担当者が責任持ってアフターケアの対応をします。

ぜひ、ご利用くださいませ。


■ZOOMショップ訪問講座の流れ


(商品をご購入の方はzoom講座は付いてきます。ZOOM講座のみお申し込み可能です。)

1、まずはお申込み
下記のお申し込みボタンよりお申込みお願い致します。
講座のみをご予約の方は、予約時に、お振込み先が明記されておりますので、
お振込みはこちらの口座にお願い致します。
振込先は、送付される予約完了メールに書いておりませんので、
下記を参照にして下さい。
***お振込みの詳細はこちら。
お振込は必ずreserva(予約システム)の予約が完了後お願いいたします。
https://reserva.be/lasource46/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=2feJwzMjI3NzMHAARQAUA

2、予約完了のメールが届きます。
※自動配信メールが届かない場合は、迷惑フォルダーをご覧頂くか、
info@la-source46.com宛にご連絡お願い致します。

3、ご入金確認出来次第、info@la-source46.comのメールアドレスから
Zoomでの講座の招待メールをお送り致します。

受講される方は、招待メールに記載されているURLをクリックすることで、比較的簡単にご参加いただけます。
↓Zoomの登録や使い方などの詳細はこちら
https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

4、info@la-source46.comのメールアドレスから送られて来た
Zoomでの講座の招待メールのURLをクリック
講座開始の15分前から入っていただけます。
講座は参加型ですが最初は音声をミュートにして下さい。
ビデオはつけてください。(お顔が写るのを避けたい方はつけなくて結構です)
*チャット機能で質問していただきますので、機能をご確認ください。
参考:https://blog.coubic.com/onlinelesson/zoom-chat/

■お支払い方法:銀行振込&クレジット決済
振込先は、予約完了メールに書いておりませんので、
下記を参照にして下さい。
***お振込みの詳細はこちら。
お振込は必ずreserva(予約システム)の予約が完了後お願いいたします。
https://reserva.be/lasource46/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=2feJwzMjI3NzMHAARQAUA

※このZOOM講座のみキャンセルは不可です。
やむ得ない場合は、メールで承ります。

■講座お申し込み期限:7/16まで(銀行振込の方)
■講座お支払期限:7/19  昼12時まで(銀行振込の方)
☆カード決済をご利用の方はお申し込み7/19 昼12時まで

注意事項

・オンライン講座では通信状況により予期せぬ映像や音声の乱れが発生する可能性がございます。 

・オンライン講座中の画面の撮影や収録、写真やスクリーンショット等の保存、さらにはコンテンツの二次利用、配布に関しては禁止とさせていただきます。

・ご参加者の急なご都合や回線状況、アクセス不備等でご参加いただけなかった場合の返金には応じかねます。
皆様のご参加もお待ちしています。

 


角野 恵子 Keiko Sumino-Leblanc
記者・通訳・コーディネーター

山梨県出身、パリ在住。

専門は食とライフスタイル。アラン・デュカス、パトリック・ロジェ、アンヌ=ソフィ・ピックなど仏シェフ、パティシエとの交流は幅広い。共著『パリでうちごはん』(小学館)、訳書『ラデュレダイアリー』(小学館)他多数。フランス外務省発行記者証所持。事業進出コーディネートやコンサルティングも行う。

英仏バイリンガルデザイン誌『TLmag』コントリビューター。
https://tlmagazine.com/contributor/keiko-sumino-leblanc/