コラム | YOKOと過ごすフランス時間 | Le 1 avril : Poisson d’Avrilポワソン・ダヴリル – La Source KOBE. ラ ソース神戸 フランス語・フランス文化・薬膳

コラム | YOKOと過ごすフランス時間 | Le 1 avril : Poisson d’Avrilポワソン・ダヴリル

Bonjour à tous !
今日から4月ですね。

そして今日はエイプリル・フール。

フランス語では4月の魚を意味するポワソン・ダヴリルと呼ばれています。

1564年にフランス国王シャルル9世の治下で暦のはじまりを1月1日に定める勅令が出されるまで、新年は聖母マリアの受胎告知の日、3月25日に始まり春分の行事あと4月1日に贈り物を交換する習慣がありました。

1年のスタートが急に変わったことで贈り物をいつ贈ればよいのかわからなくなり、古い習慣にこだわる人々は4月1日の週間を守り続けました。新しいことに適応できない人たちをからかった若者などが空箱を贈ったり、ウソの招待状を送ったそうです。これが他愛もない嘘やいたずらをするエイプリル・フールの起源のひとつといわれています。

それにしてもフランス語ではどうしていきなりポワソン(魚)が現れるのでしょうね?

3月20日まで黄道中十二宮のうお座にあった太陽が4月1日には牡羊座に移動していることにひっかけて、いつまでたっても4月1日に固執して贈り物を交換する人達を時代遅れの人という意味を込めて「ポワソン・ダヴリル」と呼んだそうです。

この時季、フランスのお菓子屋さんではパイやケーキ、ショコラなど魚をモティーフにしたさまざまなスイーツがウインドーやショーケースを飾ります。

今年は。。。あえて言うまでもなくフランスは隔離生活の真っ最中ですので例年のような光景は見られません。

さて、先日、4月のフランス文化講座を延期させて頂くお伝えをいたしましたが、これからはフランス好きな皆様と違った形でフランス時間を共有できれば幸いです。

ポワソン・ダヴリルですが、これは嘘ではございませんのでご安心ください!

Restons chez nous ! お家にいましょう!と
声をかけあい実際に隔離生活を強いられていながらとってもポジティブに生活しているフランスの友人知人達。

私も誰かにうつしてしまうかもしれない危機感を真摯に受け取めYOKO,reste chez toi ! お家にいなさい!YOKOと自分に言い聞かせています。

皆様もRestez chez vous ! お家にいてください!

さて、ここでフランス語の動詞をすこーしだけ覚えられたい方、今回のキーワードRESTER(レステ)を覚えましょう。

意味は「とどまる」「滞在する」「・・・のままでいる」などです。

Restons chez nous レストン シェ ヌ
Reste chez toi レストゥ シェ トワ
Restez chez vous レステ シェヴ

もう少しだけ知りたい方は yokooceanne@gmail.com までご連絡ください。

タイトル「YOKOと過ごすフランス時間1」と明記して下さると幸いです。

フランス語が初心者の方でもご参加いただける絵本の翻訳の講座も準備中です。

いずれも皆様がお家で過ごす時間が少しでも明るくなり、またフランスと関わることでいつかまた必ずフランスに行きたいという気持ちを抱き続けられるように、という私の思いを形にしようと思いました。

また、これまでのフランス滞在を少しずつお話しながらフランス文化を紹介する「YOKOのフランス玉手箱」もスタートさせていただきます。

最後に、今日の写真について。。。ポワソン・ダヴリルに孔雀?と思われた方も多いと思いますが、孔雀は西洋では全知全能の神、不死のシンボルと考えられていました。

仏教では邪気を払う象徴として取り入れられています。

今世界をはびこるウイルスを追い払う望みを込めて選びました。

そしてこの写真を撮影したパリのある場所はマリー=アントワネットとも縁が深いのです。

この美しい場所については次回を楽しみにしていてくださいね。
皆様とこうして素敵な時間を引き続きご一緒できることがとても幸せです。

どうぞよろしくお願いいたします。

Merci à vous tous !

YOKO